『ゾンビ打』が新作となって蘇る


2007年4月20日(金)、セガは東京都品川区にある東京デザインスタジオにて「SEGA PC」新作タイトル発表会を行なった。発表会後半で発表された、『プロサッカークラブをつくろう! ONLINE』、『PHANTASY STAR UNIVERSE イルミナスの野望』、『ゾンビ打 ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド 2』の3作品を紹介する。

■『サカつく!オンライン』本格始動開始は4月27日!

 発表会後半に発表された最初の作品は、クローズドβが終了し、いよいよ本格始動となる『プロサッカークラブをつくろう!ONLINE』だ。

 『プロサッカークラブをつくろう!ONLINE』は、欧州6ヶ国(スペイン、イングランド、イタリア、フランス、オランダ、ドイツ)を舞台に、総勢27,000名もの選手(内、約9,000名が実名選手)が登場するサッカーシミュレーションゲーム。自分だけのオリジナルチームを結成し、欧州サッカー界の完全制覇を目指していく。ログアウトしていても自動的にゲームが進行してくれる為、ログイン中に練習や、試合の組み立てなどの設定を行っておけば、次にログインした時には結果が現れる。少ない時間でも十分に楽しめるのが本作の特徴だ。

 今回新たに判明した情報に、「サカつくコミュニティ」がある。これは試合結果データの観覧や、ユーザー同士のコミュニケーション、また選手のトレード、オークションといった機能が活用できるプレイヤー専用のマイページだ。Webブラウザからの利用となるので、どこでも気軽に利用できるのも特徴のひとつ。将来は「サカつくコミュニティ」からゲーム設定などを行えるようにしたいともアナウンスされた。

 次に説明が行われたのは、正式サービス開始日程の情報。2007年4月24日(火)の夕方以降にサービス開始を予定しているとのこと。本稿掲載時点ではプレイすることは出来ないが、公式ページにてクライアントのダウンロードのみが可能となっている。課金形体は月額課金となり、料金は1,500円(税込)。また、初期登録時にはクラブ代表登録料として1,500円(税込)が必要となる。決済方法はクレジットカード、ネットキャッシュの2種類。

もじぴったんDS
文字をくっつけて言葉をつくるパズルゲーム「もじぴったん」がDSに登場
レッスルキングダム2
時空を超えたプロレスワールドを体感できる、3Dプロレスアクションゲーム。

[PR]
by cyakio | 2007-04-24 08:51 | 新着情報
<< Vonage、新規顧客の獲得が可能に 「101」、10年ぶり日本復帰 >>