光触媒の能力に驚き

光触媒(ひかりしょくばい、英: photocatalyst(触媒そのもの)、photocatalysis(触媒作用))とは、光を照射することにより触媒作用を示す物質の総称である。通常の触媒プロセスでは困難な化学反応を常温で引き起こしたり、また化学物質の自由エネルギーを増加させる(光エネルギーを蓄える)反応を起こす場合がある。また、触媒作用を示すということは同時にそれ自体は変化しないと言うことを意味する。

代表的な光触媒活性物質としては、酸化チタン (TiO2)が知られている。粉末状の酸化チタンを水中に入れ光(主に近紫外線)を当てると水の分解反応が進行し、水素と酸素に分解される。このような酸化チタンを用いた水の分解過程は、発見者の名前を取って「本多-藤嶋効果」と呼ばれる。

光触媒塗料は自宅の窓ガラスなどに吹き付けることで、花粉症や、シックハウス症候群などの予防に役立ちます。
[PR]
by cyakio | 2007-10-23 17:36 | ひとり言・・・
値段交渉は売主さん次第。 >>